片付けをするということは捨てることではない

片付けをすることがとても苦手です。

一度思いっきりやってみようと行ったことがあるのですがむしろ汚くなったということないって本当に私は根本的に片付けるというのは苦手なのだなと自覚したくらいです。

汚部屋の片付け方 13

どのように片付けをしたのかと言いますが当時断捨離というものが流行していたので私もとにかく物を捨ててみようということをやってみたわけです。

物を捨てるということにそれなりに抵抗感があるということがあったのですが断捨離ということをやるのは行った方が良いということが自分の中で明確にあったわけですからどんどん物を捨てるということは出来ました。

ですが、物を捨てるということと片付けができるようになるということが全く違うということになりますので私はこの辺りが駄目だったということになるでしょう。

大事なのは片付けようとすることであり、それは整理整頓なわけです。

物を捨てれば良いということではないのでしょう。このあたりを勘違いしていました。



コメントは受け付けていません。