片付けできなくなってきた友人

私は75歳女性の高齢者です。

3年前に夫を亡くし、それから楽しみはといえば、孫に合うこと、そして長年の友人とゆっくりとした時間を過ごすことです。

家を行き来するような友人もいて、楽しくお付き合いさせてもらっていたのですが、ある時2歳年上の友人宅を訪れたとき変化を感じました。

汚部屋の片付け方 19

とても綺麗好きでインテリアにも凝っていた友人の部屋がなんとなくごちゃごちゃとした印象になっているのです。

そしてよく見渡すとあちらこちらに埃も目立ちます。

私と同じように夫に先立たれ子どもは独立し一人暮らしだったので、掃除も面倒になってきてしまったのかな?などとそのときは思いました。

その後約半年後に再び訪れたときには、服がちこちに散乱していたり、トイレにはトイレットペーパーがなく普通のティッシュがあったり…ゴミが捨てていなかったり、本来の友人としてはあり得ないようなことが目立ったので、おせっかいかもしれない…と思いながら、娘さんに連絡をしていました。

そうすると「実はゴミ捨ての日を間違えて近所から苦情が来たりしている」ということでした。私からの相談もあり、娘さんもいよいよちょっとおかしいかな?と思ったようで、その後役所に相談し、介護認定を受けてヘルパーさんに家事援助に入ってもらうようになって、その後1年間無事に暮らしています。

高齢者の場合、突然整理整頓できなくなった、汚部屋になってきた…という場合は認知症の可能性もあるので、ご家族や友人、近所の方で気をつけて支援していく必要があると実感しました。



コメントは受け付けていません。